Make your own free website on Tripod.com
 

かなり化けてます(爆笑)。

 

はじめに

 切腹は本来、今私たちが考えているものとは異なった意味や機能を備えていたのでは、と思っています。そして同時に、様々な時代に生きた人たちの間におけるそのイメージも、きっと異なっていたことでしょう。

 ここでは、私自身の趣味から離れ(?)、少し真面目に(でも、脈絡なく)、切腹について考えてみたいと思っています。

 追伸。段々真面目じゃなくなってきました(泣)。

 

 

 
第一回 『生殖の「祭」としての切腹』
●第二回 『背柱』
●第三回 『ぴーちゃんが欲しい』